2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
* e2n2☆こおしん~♪ *
♪お知らせ♪
コメント管理を行っております。ご了承ください。

東京ディズニーリゾートの記事がたくさんあります。
グッズやパレード、ショーのタイトルで検索してください。

♪新着エントリー♪
 ・10-19  ※よくある動物生態観察VTR
 ・10-18  ※だってぬくぬく、羨ましい
 ・10-17  ※見過ぎのおかわり
 ・10-16  ※見過ぎ
 ・10-15  ※つまらにゃい

2015.07.02 (Thu)

生まれます! ~えちゅ バブちゃんの軌跡

mi_e2_01.jpg
Berry「エスちーのお部屋へご訪問の皆様、こんにちは」

突然、見たことのないニャンコが出た!とお思いの訪問者のみなさん。
いえいえ、DNAで言えば半分は見たことのあるお嬢さんなのですよ(笑)。

こちらはBerryちゃん。
NFC、ブラウンマッカレルタビー&ホワイトの女の子ですが、お腹が…
実はこれ、出産間際のお写真なのです。
もうまもなく生まれるよ!
生まれてくるよ!!
誰が?
mi_e2_02.jpg
ジャジャーーーーーーーーン!

2003年11月27日、「 KYNTHIA OF FEARYRING 」の誕生です。

母は上のお写真の通り、べりたん、の愛称で大切に育てられたお嬢さん。
父は残念ながらすでに他界していますが、FANFANくんです。
2000年前後のTICAのショーに参加されていた方ならご記憶にあるのでは。

いまのえちゅとはまっっっっっったく異なるカラーに見えますよね。
このときは本当にシルバーなのか?と思いましたが、父はブルー、母が
ブラウンなので、シルバーのはずはありません。
生まれたての子猫というのは、いろいろと判断の付かないことがありますが
この後えちゅはシルバーどころか、ブラックトーティー(三毛)ではないかと
言われるなどのカラー遍歴(笑)を経て現在に至ります。

それまでえちゅママはワンコ一筋。
家族所有でニャンコはいましたが、自分ではワンコまみれの日々でした。
けれどそのワンコも高齢になり、当時は一人暮らしだったため、新たに
迎えるなら留守番に耐えうるニャンコの方が妥当では…と考えました。
そこでまずしたのが「どの猫を迎えるか」の調査です。

ペットとして繁殖される動物には、純血種という血統もあります。
犬でも猫でも、この基本となる血筋というものにえちゅママは重きを
置いています。優秀な両親から生まれたチャンピオンを目指す個体?
そうではありません。
これに拘る理由はただ一つ。先天的な障害や病気など、あらかじめ予測を
しておくことの出来る管理方法の一つだからです。
また、先天的に発症しやすい病気を持つ種類、というものもあります。
膝蓋骨脱臼や、心臓肥大の症状などがそれに該当しますね。
これらを回避するために、種類と血族の健康というものをきちんと把握する。
命を預かるのですからまずそれを最優先したく、猫種を知る旅へと出発です。

誤解のないように先に記しておきますが、血統が分かっている猫が安全で、
雑種はそうではない、などということは一切ありません。
先代ニャンコはみんな雑種であり、ありがたいことに先天的な病気はなく
元気に育ってくれました。
純血種より丈夫な体を持つ日本猫たちを、実は密かに羨ましいとも思います。
健康管理さえしっかりしてあげたら、いまは20歳だって夢ではないですからね!
ともかく、えちゅママは元気で、かわいく、相棒となってくれる唯一無二の
我が子捜しを開始しました!
ということで、懐かしい写真とともにえちゅのバブちゃん時代を振り返って
いきますからお楽しみに!…長いですよ(笑)。

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪


16:02  |  愛らしえちゅ  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

これは貴重なショット!
生まれたばかりの写真ってなかなかないんですよね。
特にうちはノラだったんで最も若いので4ヶ月(´;ω;`)
こういう時記録のある純血種が羨ましいです。

しかし仔猫の時のガラはあてにならないのは分かってますが
これが今のえちゅちゃんのガラになるとはまったく想像できません。
キノボリネコ |  2015.07.02(木) 18:16 |  URL |  【コメント編集】

■キノボリネコさま

お母さんや兄弟たちのこともわかって、こういうサービスがあるところ、
本当にありがたいです。それにえちゅママ末っ子で、子供の頃の写真が
猛烈に少ないから特にそう感じます(笑)。
野良ちゃんは誕生時の記録がない子がほとんどですが、家族になるまでの
物語が宝物になりますよね。うちの先代は某高校の洗濯機出身です。

カラーが変わるのはあることとは言え、ここまでとは予測のしようがなく、
当時は本当に驚きでした。いま程度に留まって良かったです(笑)。
エスちーのママ |  2015.07.02(木) 18:46 |  URL |  【コメント編集】

おはようございます!!♬

おお!!すごいお宝写真!!(^◇^)
貴重ですね☆
もちろん今も可愛いですし、赤ちゃんの時もかわいい~~(≧▽≦)
えちゅちゃんにこんなときがあったのね~~(・´з`・)しみじみ
自分にもこのような小さい時があったのと同じく(;´∀`)

そう、えちゅママさんの猫をお迎えするお話もとっても
興味深いです!今回のを読ませてもらってとても
面白かったです☆
えちゅママさんのように動物と接する機会が殆どなかったわたしですが、
『留守番に耐えうる』と、言う点で猫を考えていたのが一緒で嬉しかったです(^^♪

お宝写真楽しみにしております!!(´∀`*)ウフフ
めんふくろういぬ |  2015.07.03(金) 08:26 |  URL |  【コメント編集】

おぉぉ!ありがとうございます☆
過去への旅始まりましたね!!
えちゅちゃんのママにゃん!やっぱり似てる!ちょっと小柄かな?
えちゅちゃんのカラーの遍歴、そんなにあったとは意外です!
ちっちゃいえちゅちゃんがこれからえちゅママさんと出会って成長していくんですね♪
どんな物語があるのか!
長期連載楽しみにしてま~す( *´艸`)
苺 |  2015.07.03(金) 13:00 |  URL |  【コメント編集】

■めんふくろういぬさま

ブリーダーさんを通すと、こういう記念品をいただけるのも利点の一つですね。
思い出は毎日の生活の中で作られますが、兄弟たちとこうして成長し、
手元まできてくれたんだと確認できるのが嬉しいです。
えちゅにもあったんですよ~、バブちゃん時代が(笑)。今畑だのおデブですが(*´∇`)

飼い主さんの数だけ飼育に関する心得があると思います。
自分の状況と、その先の生活を考え一番適したものが選べるといいですね。
お留守番を前提にすると、どうしても猫に軍配が上がりますね。だからといって
長時間放置には出来ないけれど、いなきゃいないでいい、という猫…助かります(笑)。
エスちーのママ |  2015.07.03(金) 14:05 |  URL |  【コメント編集】

■苺さま

べりたんは4kg程度で、ブリーダーさん宅では大きな子でした。
だからえちゅもママくらいに育つといいなーと…思っていたら…(笑)。
顔つきはやっぱり似てますよね。なちゅはカラーも似ているので、
並べてみると親子なんだと実感します。
紹介していく写真の中でも、がらっと色が変わりますよ。
そちらもお楽しみに!
エスちーのママ |  2015.07.03(金) 14:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |