fc2ブログ
2023年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
* 更新とお知らせ *
☆当ブログへの非公開コメント(拍手)への返信は、当面ブログへのご訪問(コメント投稿)とさせていただきます☆
♪新着エントリー♪
 ・05-22  ※魅惑幻惑ワックワク 2
 ・05-20  ※魅惑幻惑ワックワク
 ・05-18  ※9かへかのか
 ・05-16  ※正しき春眠
 ・05-14  ※突如始まるシルエットクイズ 2

2023.06.07 (Wed)

もーたんもーたんもーたん! 3

230528_20.jpg
ママ「…もねー」
も「……………」
ママ「もーねー、もーもーさーん」
も「…ふぅぅぅぅぅぅ…」
230528_21.jpg
ママ「これ、もねって、ぐいぐい」
も「ふっっうぅぅぅぅぅぅ」
ママ「…唸ってる。もねさーん、ちょーっと放してみませんかー」
230528_22.jpg
も「ううぅぅぅ…ふわうぅぅぅぅぅぅぅぅ、ううぅぅぅぅぅぅぅぅ」
ママ「…ダメだ、完全に野性に返ってる」

止まっているのはもねではなく、捕らえた獲物の呼吸でした…。
肉食獣が獲物を捕食するところは、動物が好きならば余計に
見たくない、気付きたくないことではあります。
えちゅママも子供の頃は、いまよりテレビ番組でも放送される機会が
多かったこともあり、とてもとてもいやでした。
撮影しているなら、その時だけは助けてあげたらいいのにと思い、
子供心に憤ったりもしたものです。
でもね。
生きるというのは、食べていくと言うことです。
人間なんて甘っちょろい、自分たち優先の便利で不満のない生活を
築き上げることに注力する生き物と、自然の中に生存していくため
自らの力だけで生きるものでは根本的なところで違います。
撮影者がその獲物を助けたら、その時に獲物となったものの命は
多少は伸びるでしょう。けれど次は分かりません。
そして、その時その獲物を食べられなかった捕食側は、既に何日も
口にしていない可能性も高く、それにより死ぬしかないということも
またあるのだということ。
大人になったいまだから、動物の命を預かる生活をしているからこそ
気付くことではあるのでしょう。
だからいま、捕食シーンを見る時にはこう思っています。
ありがとう。生まれて、生きてくれてありがとう。
その中にあり、今日を生きてくれてありがとう。
明日も生きてくれたら嬉しいよ。
命ある限り、ただただ生きて欲しいから、どちらの命にも感謝します。

と、いいことを言っているように思えたみんなたち。

昨日の写真の3枚目をご覧ください。
もね、左手で獲物を口に押し込んでいます。羽根系のじゃらしに対し
猛烈な執着を見せるのは完全に獲物と認識しているからなのですが、
首と定めた場所を思い切り噛み付き、締め上げ、引っ張ると今度は
取られまいと手を使い外れないよう押し込むのです。
ああ。
自然界の捕食者ならば、そうして確実に命を勝ち取っていくのだろう。
でも手は反則だよ…じゃらし遊びにそこまでしなくていいじゃない…。
切ないママの願い虚しく、この状態は1分以上続きます。
と言う訳で続く。

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪
16:00  |  もね  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |