FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
* e2n2☆こおしん~♪ *
♪新着エントリー♪
 ・04-19  ※こうして終わります
 ・04-18  ※こうして始まります
 ・04-17  ※絶対に放さない
 ・04-16  ※仮装現実ハンティング 2
 ・04-15  ※仮装現実ハンティング

2021.04.14 (Wed)

パラダイス は、受け手次第

3n210403_103.jpg
も「ふ~ふふぅ~ん♪なぁ~のねぇ~」
ママ「もねだ。間違いない。しかもなにやらご機嫌だけど…」
も「くふ。くふふ」
ママ「笑ってる。これはよくない兆候だ。ね、ちょっと、もね」
も「くふふひ」
ママ「らちがあかない。から、ドアを開けよう。こら!」
3n210403_101.jpg
ママ「……………」
も「くふ。がもがみ。くふふ。んぎぎ」
ママ「ねえ…ちょっと、なにそれ」
も「くふ、ふ、…………むむ。みられている、なのね」
ママ「もね!」
も「むっ!」
3n210403_100.jpg
ママ「………なんだあれ…」
も「ママ…はやく、あっちいってなのね…」
ママ「なんだあれーっ!!!」

昨日の記述を思い返してください。
ママはゲームをしていました。るなは、ママの向かい、テレビ横のタワーで寝ていて、
その前も特に何かいたずらをしていた訳ではありません。
なちゅはずーっと猫部屋ハンモックでぐーすかぴー。
もねはというと、寝ているなちゅを見上げ、つまらないから奥のタワーに上り頂上から
外を眺めていました。そこは確認しています。
で、物音。
最初に聞こえたとき、振り向くとカラフルなヒモが見えていました。
これは最近購入したじゃらしで、850円とお高い割に細長ネル生地がてろーんと付いた
ハズレ品、かと思いきや超優れものだったるなのお気に入りなのですが、これをもねが
くわえてきたらしく、ぽい、と放り出し立ち去りました。
ドアは細目に開いていたから、ヒモだけが見えたんですよね。
だから物音が何かは本当に分からず、なにしてるの?と声をかけたところ気付いたるなが
ママを取られまいと偵察に行ったのです。
という前説を聞いていただいたところで、この光景です。
ヒモの絡んだレールのおもちゃ…そこそこの重みがあり、引きずって遊ぶものでは当然、
ありません。ないんだけれど、見てお分かりの通り…絡んだままヒモを引っ張れば…
運べますよね…はは………はぁぁぁぁぁぁ。
引きずる過程でその途中にあるおもちゃ、サークルを押さえるためのペットボトルなど、
色々巻き込み引きずってきたのです。それが敷居から踊り場に落ち、更にドアに当たって
えらい音を立てていたのですね。
もね…お前もか…。
レールのおもちゃはもねのお気に入り。なちゅは買って三日で飽きたのに、もねはいまでも
数日に一度は一人でカラコロ遊んでいます。だからるなのように、これを好きな場所に
運んでいって遊ぼうと思ったのかも…しれませんが…いやどうして運ぶかな。
ちょっとなにこれ!と言ったら一応見えない位置に移動して様子を窺うとか、上級者なもねに
付ける薬はないですかぁぁぁ!!
あー、片付けなきゃぁぁぁ(泣)。

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪
16:02  |  もね  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2021.04.11 (Sun)

あくじ、千里どころかゼロ距離で

3n210403_02.jpg
も「……じー…」
ママ「ん?あら?なにその角度。やっぱりなにかしたんじゃない?」
も「…まだ…していないなのね…」
ママ「まだ?ちょ、もね?」
も「うぐむ…むむむ…」
ママ「ねえ、お口がむぐむぐしてない?」
も「…むぐ…してない…なのね…む」
3n210403_03.jpg
も「あがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
ママ「あ!口開けた!っていうか、囓った!」
3n210403_04.jpg
も「がもがもがもがもぉぉぉぉぉ」
ママ「ギャーッ!やめて!囓っちゃダメ!!」
も「がふっがふがふっ、もがっ」
ママ「マット引っ張り出すだけじゃ飽き足らず、そんな悪事までしでかすとはっ」
3n210403_05.jpg
も「もーたん、やってやったなのねっ」
ママ「キリッ!じゃない!!」

うちの子たちは、何かしでかすと大抵キリッとしたお顔でママを見ます。
まさに“やってやった”という態度で、反省どころかそもそも悪いことだなどと一切全く
思っていないようです。何かを囓る事はいけないという教えは、本人の安全のためにも
必要不可欠なことですから、そこは何度でも、猫であってもきちんと言い聞かせます。
暖簾だろうが糠だろうが、ダメなものはダメなのです。
でも聞き分けるという意味では、一番出来ないのがるな。
るーたんは待てません。じゃらしもご飯も、おやつだって、とにかく鳴いて騒いでママに
要求が通るまでアピールを続けます。いい子なのですが、甘えが過ぎて大変です。
なんでだろうなぁ…ママ、別に言うほどいいママじゃないよ?
るなだけ特別扱いしていることはないし、ヤキモチ焼くほど他を贔屓してることもないし。
ま、なちゅのお世話には手がかかるから、そこが自分より優遇されると勘違いを起こす
要因なのでしょうけれど…くっつき度で言えばるなの方がずっと上なのにねぇ。
そんな状態なので、もねのこのお顔に至る訳です。
叱られるいわれはない、という、きっぱりとしたお顔。いや悪いからね、囓ったからね。
長年吊してあるけど、そんなところを気にして囓ったの、もねだけだから。
余計なこと覚えなくていいから!
と、暫くもねを懇々と諭していたら…続く。



追記に「あくじ」の拍手コメント様へ

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪
16:00  |  もね  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2021.04.10 (Sat)

あくじ

3n210403_01.jpg
も「……ふぅ……」
ママ「ん?ためいき?」
も「…ふぅぅぅ…」
ママ「やっぱり溜息。もね?」
も「ふ、…ふぃぃぃぃぃ…」
ママ「なんだかまあ、湯船に浸かってるみたいになってるけど、なに?」
も「…なんでも…ないなのね…」
ママ「そう?だって溜息ついてたよ」
も「おきになさらず、なのね」
ママ「えー、そう言われると益々気になるんですが」
も「…しっぱい…したなのね」
ママ「………なにかしたね?」
も「ふぃぃぃぃぃぃ」

ガサガサ、と音がしたので振り替えると、なんとも優雅に寛ぐもねの姿が。
ただこの状態を見ただけなら、本当に寛いでいると思い気にもとめませんでしたが
何やら怪しい音が聞こえたので油断は出来ません。
グルーミングですら、自分で舐め取った抜け毛をそのまま飲み込むのが猫ですから、
口元を見ていないとあっという間にゴクンされます。と言うわけで、まるで何かを
誤魔化すように目を背けるもねを自由にしておくほどママ、猫初心者じゃないのだよ。
日々このジロジロで先回りできたことも数多く、このときのもねの様子は明らかに
おかしいのだからそりゃ見続けますよ。
と言うわけで何やらしでかしそうなもーたん。目を皿のようにして、続く。

完全に春になり、完全に花粉飛び交う毎日ですが、今年もえちゅママ、逃げ切れるかな。
ただでさえマスクを付けて歩かなきゃならないことが不満なのに、花粉症まで重なれば
逃げ場なしです。両方の対策に追われている皆さん、いよいよ花粉を飛ばさない杉の木が
出荷されたそうですよ!…って、日本中の植え替えなんて…いつ完了することやら…。

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪
16:03  |  もね  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2021.04.03 (Sat)

新・取扱説明書 8

3n210214_137.jpg
も「ここっ、ここの、ところに、るーたん、はさまってるなのねっ」
ママ「は?るなが?挟まってるの?」
も「なのねっ」
ママ「なのねって…あり得ないから」
3n210214_138.jpg
も「みおうなのね、るーたん、みおみおなのね」
ママ「匂うって言っても…あ、さっきるなが噛んで引っ張ったから、ヨダレかな」
3n210214_139.jpg
も「………」
ママ「?あれ?なんか…大人しくなった?しょぼくれ?」
3n210214_140.jpg
も「う…うう…ううううう…」
ママ「?」
3n210214_141.jpg
も「…はぁぁぁぁぁぁ」
ママ「なに、どうしたの。いよいよ飽きた?」
も「もーたん…もーたんは…」
ママ「もねは?」
3n210214_142.jpg
も「これ、るーたんではなく、るーたんの、くちゃいなのね」
ママ「あー、るなのヨダレですねぇ」
も「えいえい、なのね」

押しやってる(笑)。
猫でも唾液が乾くと臭く感じるのでしょうか?
痛みに対し我慢をしてしまうという、もはや悪癖とも言うべき猫の忍耐力。
腐ったもの、有毒なものを食べないように、感じる味覚は酸味と苦みが殆どで、塩みには
僅かに感じる程度ということが分かっているようです。
肉に甘みはないので、感じる必要がないから味蕾も発達していない、ということですが…
へー、そうなんだーはーなるほどねー(棒)。
まあこれはえちゅママ、いつも愚図ってますから割愛するとして、フレーメン反応をする猫。
唾液への感じ方というのは、どうなのでしょう。
このときのもね、急にヤル気をなくしパタンと倒れたので、もしかして臭いのかな?と推察。
言葉が分かれば絶対に聞くのになぁ。
面白いこといいそうなのになぁ。
でも来客に、何かとんでもない事を言うかもしれないから、やっぱりダメですね。
うちなら恐らく、「なにかきたなのよっ!こわいなのよっ!あっちいけなのよっ」という絶叫と、
「なんなのね、おやつなのね?じゃらしなのね?なんなのね、ちっともおもしろくないなのねっ」
という苦情。そして「うっちゃいんでちゅにゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!」という怒り。
…喋っていいのはママの前でだけ、という約束が守れる子たちではないと思うので、きっと
話が出来ない方がいいのでしょう(笑)。
さてヤル気を失ったもね、どうするのかな?まだ続く。



追記に「新・取扱説明書 7」の拍手コメント様へ

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪
16:00  |  もね  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2021.03.12 (Fri)

分け前が欲しかった

3n210214_49.jpg
も「………」
ママ「さてと、頂いたものはしまったし、って、るなが背負っていった手紙は…」
も「………」
ママ「落とさず持ち去ったのか…おーいるなー、汚しちゃうから返してー」
も「………」
ママ「しまうんだから、ねえ、持ってきて!」
も「………」
ママ「まさか下に行ったのか?ちょっと!るーたん!」
も「………」
ママ「………」
3n210214_50.jpg
ママ「で、もねはなにしてるの」
も「もーたん、もじゃもじゃなのね」
ママ「は?もじゃ?え、なに、毛玉でも出来た?」
も「もーたんだけ、もじゃまはずれて、ぽいなのね」
ママ「も、え、仲間はずれ?」
も「…そーとも、いうかもしれないなのね」
ママ「そうとしか言わないよ。ああなに、もねもチェックしたかったの」
も「もーたん、なんにもないなのね」
ママ「なんにもっていうか、いただいたご飯、なちゅが食べなきゃ二人にあげますよ」
も「もこもこに、ふくがくるのは、いらないなのね」
ママ「もこ、あー、なんだろ、福が来るのか、あ、残り物?違うよ新品、いいもの」
も「おいちーなのね?」
ママ「美味しいですよ。しかも滅多に食べられないよ。うまくいけば生涯一度もないくらい」
も「ごちそうなのね」
ママ「う、ん、まあそうだね、うん」
も「もーたんは、ごちそう、いただくなのね」
ママ「はいはい、じゃ、出てらっしゃい、まろやかさん」
も「まろまかでは、ないなのね。もーたんなのね」

静かだな、と思ったら箱の中でじっと見ていました。
じゃらしなら相手がるなだから横から奪うことも出来ますが、ママのものではいたずらが
出来ないと分かっているのでしょう。このムッとしたお顔…聞き分けがいいのか、虎視眈々
狙い続けているのか判断出来ませんがどちらにせよ猫に勝手はさせません。
このコーヒーも、1杯ずつの個包装が段ボールにどちゃ~っと入っているだけなので、別の
容器に移し替えていると遠巻きに見張ってきます。
一着で飛び込もうとしているようですが、残念、るなはそこまで箱に固執はしていません。
バブの頃、もねが必ずちーをしていたから迂闊に飛び込んで濡れるのがいやなのかも。
でもこのところ、もねが箱でしてしまうことは全くないですからね。ついにやめたのかな?
箱がいいならそのまま入っていればいいし、参加したいならいらっしゃい。
背中に封筒を乗せたまま、ふらふら歩いて行ける体格ではないけれど、こっちの箱なら
ジャストフィットだと思うよ~。

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪
16:00  |  もね  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2021.03.08 (Mon)

ひもひもを捕まえろ! 6

3n201226_83.jpg
も「よし!もーたんのものなのねっ」
ママ「え、あれ?るなは」
も「るーたんは、さったなのね」
ママ「去った?あー、るなはおねえちゃま扱いされたい子だからなぁ。じゃ、どうぞ」
も「やったなのねっっ」
3n201226_84.jpg
も「こっち、こっち、くるなのねっ」
ママ「ふふふ、自分で取りに来なさ~い」
も「む、むむ、ひもひも、ひも、んっ」
3n201226_85.jpg
も「あむんっ」
ママ「取れた?」
も「とれ、と、とと、と、れっ、」
ママ「ふふふ。取れないのかなぁ~、そーれそれ、揺らすぞぉ~」
も「んっ、がっ、」
3n201226_86.jpg
も「むがっっっっ」
ママ「わ、こわ」
3n201226_87.jpg
も「あがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ」
ママ「ワニだ…新手のワニが出た…」
も「もーたんのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっっっ」

袋の中に入って、中からママの指を噛む。
なちゅ得意のワニごっこですが、もねも出来るそうです。やらなくていいけど(笑)。
猫の口というのはロマンですね。
なんでしょうね、細い牙が並ぶ、割と物騒な見た目なのに求めてしまう。
自ら噛まれてみたくなる。
もしかして肉食獣の備えた魔術か何かが発動されているのでしょうか。人間は雑食。
草食よりはマシだけれど、あの口を見せられたら入ってもいいかな、と思わされる…
そんな幻術に絡め取られて…という、無駄な想像力を発揮しましたがとにかく。
るなは、こういうもね主導で遊んでいる物に対しては絶対割り込みません。
自分が遊びたいと思っても、もねが夢中になっている間は遠巻きに眺めて、順番が
来ないと見切りを付ければどこかに行ってしまいます。
もちろん遊びたいのですが、引いてしまうのですよね。
割り込む、奪うという、もねとは正反対の行動です。もしかしなくても、るなの方が
おねえちゃまっぽい不思議な関係。
とにかくママは一人だし、どちらも同じように遊んであげるためにもこういうときは
徹底的に遊んでしまう方が早いです。疲れたら、ママなんぞ必要ないとばかりに
おいてけぼりですからねー。

3n201226_88.jpg
さて、ワニっこもーたんで締めるのはさすがにかわゆくないので、バブフェイスを。
3n210214_01.jpg
そしてそのバブを見下ろす醒めた妹を。
いやほんと、どっちが年上(笑)?

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪
16:01  |  もね  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2021.03.06 (Sat)

ひもひもを捕まえろ! 4

3n201226_71.jpg
ママ「もーっ、危ないから出して!」
も「あっ、だめなのねっ」
ママ「ダメはママの台詞!あーあ、羽根もヒモもベチャベチャ」
3n201226_70.jpg
ママ「もうおしまい!」
も「あっっっっ」
3n201226_72.jpg
も「おっこちたなのね…」
ママ「落としたんじゃなく、おしまいなの。もねが食べたからいけないんだよ」
3n201226_73.jpg
も「だめなのね、いやなのねっ、もーたんまだ、おあそびするなのねっ」
ママ「押さえるなっつの」
も「うぎぎぎぎ、だ、め、なのねぇぇぇぇぇっ」
ママ「こら!」
3n201226_74.jpg
ママ「あー本当に濡れてる。乾かさなきゃ」
も「あんなところに…」
ママ「ファブリーズか…イヤダメでしょ。食品用消毒剤か…口にしても平気なもの…」
も「むむむむむ、もーたんの、とんぼちゃん…」
ママ「食べ物に掛ける専用除菌…これ、猫にもいけるのかな…」
も「むむむむむむむむむむむむっ」

猫のおもちゃ、遊んであとはどのように管理していますか?
えちゅママ、こう見えてズボラなので、こ う 見 え て ズ ボ ラ な の で 酷いときは
水でちゃちゃっと洗うか、除菌スプレーで対処しています。
大事なことなので二度言いましたが、ズボラなので大したことはしていません。
ほら、除菌しすぎると弱くなるとか言う都市伝説もあったでしょ?多少の汚れは気にしない、
その程度でやっています。
しかしいまはそうも言っていられない状態で、これどうしようという場面に遭遇することも
しばしばあります。猫は感染するという結果も出ていますからね。疎かには出来ない。
かといって過剰反応もどうかと思うし、そもそも何を使えばいいのかも分かりません。
そこで登場したのが某メーカーの食品用アルコール除菌ですよ。
実はこれの食器にかかってもそのまま使えるというものは長年愛用しています。
これ、猫カリシウイルスの除去には99.9%の効果があると謳われていまして、触れても
口に入っても問題ないという密かな優れものです。
なので猫でも、洗った食器に掛けて保管、完全に乾いてから使用することは問題ないとは
思うのですが、グレープフルーツ種子成分で作られているため動物が口にするのは
好ましくはない、という結論に自分の中では至っているのです…が…。
だったら心臓病の薬などを飲んでいる人間には使えないという注意書きがあるはず。
グレープフルーツジュースに含まれる成分が薬の効果に影響を及ぼすため、処方されたら
医師から説明があるほどの食物。その種。食品添加物として認められている成分。
でも猫。
一見安全性の高いもののようで、果たして猫に、となると…うーむ…。
理屈で考えたら、食器だって乾くまで最低数時間は放置しているのだから大丈夫。
でも製品として除菌効果が続くというのは、成分が残っているからだし、揮発するとしても
それが猫に…猫に…猫に………。
よく考えたら食器を洗うのも、ベッドも人間用洗剤で洗って使わせているのだから大丈夫!
という自分と、万全は期したい、という責任を持ちたい自分。
果たして正解はどっちだ!!!!

…どっちだと思います?ただいま問い合わせ中(笑)。
お遊びが続いているもねには、なんの興味もないようですが…ね。続く。

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット ジャンル : ペット

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中!ぽちっと★ぷりぃず♪♪
16:01  |  もね  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT